2014年01月29日

守るべきもの

私が起業したのは、勤務先の倒産によるものでした。
お客様の受け皿にならなければ
そんな思いが私を起業に駆り立てたのです。

チャンスでしたし、就職難でもありましたので尚更でした。

起業当初は我武者羅に働きました。
当時、下の子は乳飲み子
それでも家庭を顧みる余裕はありませんでした。

下の子は身体が弱く、何度か入院したりしました。
それでも私は会社を軌道に乗せることに夢中で妻任せにし
多大な負担をかけてしまいました。

やがて妻は体調を崩しましたが、
それを甘えと思い、突き放してしまいました。
彼女の心の中には、今なお大きな傷として残っていることでしょう。

そんなにしてまでボクは何を守りたかったのでしょうか?
お客様? プライド? 虚栄心?
何だったのかはわかりませんが、家族を犠牲にして事業に打ちこんだのです。

何を守るべきだったのかは言うまでもありません。
当時はそれが見えなかったのです。

事業が軌道に乗り出した頃には、夫婦仲は完全に冷え切り
酒に溺れ、夜な夜な街へ繰り出しました。

バカですよね・・・

そして今、こんな苦境に立たされていますが
家族の(妻の)協力を仰ごうなんていうのはムシが良すぎる話。

人生って何?  仕事って何?  お金って何?
今さらながら考えさせられます。

後悔したって始まらないし、前に進むしかないのですが
失った時間と信頼を考えるとドヨーンとした気持ちになります。

何か復活の手立てはないものか?
もがき苦しんでいるうちに時間は過ぎ、
日に日に首が締め付けられる思いが強まります。

私と同じような失敗はしないでくださいね。



ランキングに参加してみました。
応援のポチっをお願いします。 <(_ _)>





posted by 悩める社長 at 20:50 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。