2014年08月30日

資産家Mさんもお金の奴隷

弊社の元お客様にMさんという、60代中盤の男性がいました。
オフィスビルのオーナーで
毎月の家賃収入は100万円を超えるそうです。
いわゆる資産家。

でも・・・
ぜんぜん幸せそうではないんです。
ぜんぜん裕福ではないんです。

なぜか?
彼はお金の価値を知らないから。

お金自体は紙切れに過ぎず、
それがもたらす価値こそが大切な事を
過去記事 お金が欲しいわけじゃない!に書きましたが
Mさんはお金を数字としてしか捉えていないのです。

私はMさんから『所有するビルを売却したい』との相談を受け、
懇意にしている不動産会社社長Fさんを紹介しました。

F社長曰く、あんなケチなビルオーナー見たことないと。

不動産には定期的なメンテナンスが必要ですが
それを一切やっていなかったそうです。

building.png
さすがに、ここまでヒドくはないでしょうが ^^;

預金通帳の数字が減るのが
怖くて怖くて仕方ないんでしょうね。

結果、購入額より安い金額で売る羽目に陥りました。

その後、売却額と銀行からの融資を元に
利回り15%以上の物件を買おうとしてましたが
預金金利が0.5%に満たない現在、そんな美味しい話はありません。

何度もアドバイスしたのですが頑なに受け入れを拒み・・・
結局、2年間買えないまま、私とF社長の元から姿を消しました。

変な事になっていないと良いのですが・・・


資産家Mさんもお金の奴隷、
お金に心を奪われてしまっているんです。
お金の増減に一喜一憂してるんです。

お金は活きた使い方をしてこそ価値が出ます。

先に活きた使い方を考えて、
そのためにお金が必要だと強く念じれば
お金の方から寄って来てくれるかもしれません。

私がサイマーから脱出出来ないのは
お金の活きた使い方が明確になっていないから?

今さらながら、自分の存在する意味
自分のすべきことを真剣に考えようと思います。


ランキングに参加しています。
応援のポチっをお願いします。 <(_ _)>






posted by 悩める社長 at 17:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。