2014年12月22日

格差社会

事務所退去に向けて片付けが進んでいます。
昨日は友人が手伝いに来てくれて、
本棚や椅子を解体しました。
ガランとしたオフィスが、寂しさを誘います。

せめてもの救いは次の仕事が決まっていること。
仕事も決まらないまま撤退準備してたら
気がおかしくなっちゃうかもしれません。

今、非正規雇用ってドンドン増え
40%に迫ろうとしてるみたいですね。

50オヤジを正社員として雇って頂けることが有難いです。
精一杯頑張らなきゃ!


2001年5月、アパートの1室で立ち上げた会社
2年後には事務所を借り、パソコン教室も併設して
順調だったんですけどね。

私は長年コンピュータ関連の仕事をしています。
大手企業には電算室があり、専属の要員も多数いるのに対し
零細企業ではパソコンすらないところが多かったのです。

今後、情報格差は広がり零細企業は一層窮地に追い込まれると考え
零細企業向けのITサポートを事業化しました。

その思惑は当たり、多くの零細企業にパソコンを導入し
操作の練習には教室に通ってもらいと、
そこそこ上手く回っていたのですが
月次の顧問契約を提案しても導入してくださる企業はごく僅かでした。

固定の経費は抑えたいって心理なのでしょうね。

アベノミクス効果、景気回復
報道でもてはやしていますが、
零細企業にまで回ってくるのはまだまだ先

円安による原材料費やガソリン価格の高騰は
零細企業の経営をより苦しいものへと追い立てます。

私の周りでも、事業は赤字
所有するマンションの収益で
なんとかやってるという方が少なくありません。

出したくても出せない、欲しいと思っても買えない
そういう零細企業が多いのです。

ターゲット設定の失敗
これが我が社の最大の敗因ではないかと考えています。

格差社会と言われていますが
企業間でも格差は着実に広がっています。

「中小企業のオヤジは金持っている」と言われたのは昔のこと
今は潰すに潰せず、苦悩している方が大半です。

これから先、日本はどうなってしまうのでしょ?
またバブル景気みたいのが来ると良いのですが・・・

歴史は繰り返すと言いますので、きっと来ますね。
希望を持って、一歩ずつ進んで行きましょ〜!


ランキングに参加しています。
応援のポチっをお願いします。 <(_ _)>






posted by 悩める社長 at 17:39 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10年以上もってたオフィスが無くなって、感傷的になるのは仕方が無い事です。
事業は細々と続けられると言う事で、今後はご自宅がオフィスになると思いますが、そちらに慣れるように頑張ってほしいです。

社長さんの問いの「日本はどうなるのか」ですが
あくまで僕の意見ですが、確実に終わります。
少子高齢化で1000年後には日本人が絶滅する可能性があると言ってますし
国の借金は増えて税金も社会保障費も上がり続けますし
正社員として働きたくても働けない人がたくさんいます。
そもそも政治家や官僚が自分たちの良いようにしてるだけで
本気で諸問題に取り組んでませんし、国民の幸せになるような政策をしてませんからね。
こんな状況が続くなら、日本は終わりです。

僕自身、日本と言う国の文化は好きですが、政治がクソなので
本当に出ていけるものなら出ていきたいです。
現状は全て政治家の責任ですから、全員、斬首刑で良いですよ。
Posted by jeni at 2014年12月22日 22:50
jeniさんのコメントに寒くなりました・・・ゾゾッ
こども増えないですしねー・・・
やっぱり一般庶民レベルの思考の政治家が当選しないし、なんか、女性の社会進出を〜って言うけど、そこばっかりやっても仕方ないんですよね。
こども育てられないし・・・
育休、本当に男性取りますか?
女性が家事する負担はどこもまだまだ多いし。
なにより、社会で働きたい女性ばかりではないという事実。
特に、いまの20代はそうです。
・・・まじめな話になっちゃいましたー
バブル、経験してみたいです←したことない
Posted by ララ at 2014年12月22日 23:06
ララさん

今、ちょうど池上彰の番組動画を見てて日本の借金総額はダントツのトップで
借金が増え続けるのは先進国では日本だけみたいです。
このまま続けば国債の暴落で銀行が潰れて会社がどんどん潰れるそうです。
社会保障費も増えるのに年金の支給額は増えて、まともな生活も出来ないようになるそうです。

それどころか最悪、日本が借金をなくすために国民の預金を取り上げてそれで返済するって可能性も0では無いみたいなので、恐ろしい話です。

企業だって、小さな企業は大企業に潰される事が多いにも関わらず
日本の大企業は独創性が無くて、他国の企業が作った商品の後追いばかりしてるので
こんな状況では日本は衰退していくのは間違いないです。
今のソニー等を見てたら一目瞭然ですから。

最近は金持ちが税金の安いシンガポールに逃げてるので
こういう人たちが今後、さらに増えていくでしょう。

だから、今の状況が続けば本当に日本は終わります。これは間違いありません。
Posted by jeni at 2014年12月23日 00:36
jeniさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
ホント政治がね・・・
先日の衆院選、誰に投票しようか迷いました。
こういう時にヒーローが表れるような気がしますけどね。
Posted by 悩める社長 at 2014年12月23日 15:45
ララさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
ゾゾゾですよね。
jeniさんの発言は極端にしろ、日本が危機的な状況であることは間違いありません。
国会でウチワが有価物かどうか議論してる場しいじゃないんですけどね・・・
Posted by 悩める社長 at 2014年12月23日 15:50
jeniさん
度々のコメントありがとうございます <(_ _)>
評論家って好き勝手なこと言いますからアテになりませんが、日本の借金がヤバイことは間違いありません。
それでいながら格付けが急降下しないってことにも着目が必要です。(といっても、随分と下がりましたが・・・)
資本主義経済が終焉を迎える
これが私の持論です、世の中は物で溢れかえっていますのでね・・・
大戦争なんてことにならないと良いのですが・・・
Posted by 悩める社長 at 2014年12月23日 15:58
バブル経済のような時代は、
もう起こらないと思いたい…。
と、ロスジェネ世代の私は願っています。

そして、日本中が沸いてたバブルの頃ですら、
貧しい一人親方なうちの父親を見ているので
バブルの頃も格差はあった。と思っています。

苦しい時期は地固めする時期と捉えて、
黙々と自分の畑を耕していく。

今の私はそんな時期です。


Posted by くるみ at 2014年12月23日 22:37
くるみさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
私はバブル期の最も良かった点は、相手企業の利益も考えた取引が多かった事だと思っています。
「見積もり持って行ったら2割乗せて良いよ」なんて話もありましたし、我々が食事したりタクシー乗ったりした時はチップをお渡ししたり。お金の余裕が人の心を大きくしてたんだろうなと思うんです。
これは業界や周りの方々に左右される事でありますが・・・
>苦しい時期は地固めする時期と捉えて、
黙々と自分の畑を耕していく。
素晴らしい考えですね。
私も肖りたいと思います。
Posted by 悩める社長 at 2014年12月24日 12:15
バブルですかぁ。
お金の面では恩恵らしい恩恵は受けませんでしたが、あの頃就職活動をしてて、最終学年の夏から就職活動始めて5社6社受かるのが当たり前、って状態だったのは今の就活生からすれば考えられない事でしょうね。
経済もそうなんですが、ここ5年くらい明らかに気候がおかしくなっているのが怖いですね。
真夏は40℃近く上がり熱中症で人は倒れ、冬は豪雪で陸の孤島と化し…が恒例行事のごとくニュースで流れています。
昔は地方から出稼ぎに街へ出る若者が数多くいましたが、そのうち日本では稼げず出稼ぎに海外に若者が出るのが当たり前、と言う時代が来るのかもしれません。
Posted by koba at 2014年12月24日 18:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。