2014年12月28日

来年こそは・・・

昨夜は来年から勤める会社の忘年会に
お招き頂いて行ってきました。

専務はインフルエンザに罹患して欠席
常務と女性事務員さんは都合により欠席ということで
社長と営業スタッフ2名(どちらも60歳オーバー)
の4人での忘年会でした。

地域でもっとも美味しいと言われているお店での懐石料理
とっても美味しく頂きました。

社長も営業スタッフの皆さんも
あまりお酒を召しあがらないようで
2時間後には解散w

これまで忘年会は朝まで
って事が多かったのでちょっと拍子抜けでしたが
来年から楽しく働けそうです。

あまりに早く終わったのでバイト先に顔を出し、
(忙しかったら何か手伝おうと思ったのですが
ピークは過ぎていたようで退散)
早々に帰宅しました。

「あら、早いのね」と妻
歓迎されてない感タップリです。

これまで何度も書いて来たように
妻とはあまり上手くいっていません。

それにメゲズ妻と会話
妻の言葉には端々に棘があります。

これまで、この棘に触れて
多くの揉め事を起こしてきましたが
昨夜は上手くかわせました(笑)

ここのところ妻と話することが多くなっていました。
恨みつらみが出てくる出てくる・・・
やがて本音で話すことが出来るようになってきました。

妻が「実はわざと怒らそうとしてたんだ」と
そして、「そんな自分が嫌だから別居したい」と
涙ながらに話しだしました。

別居・離婚は私も望んでいたことですが
腹を割って話せば理解は深まり、
自分にも反省すべき点がイッパイあることに気付きました。

今後は時間を掛けて話し合って
関係を修復して行こうと思っています。

来年こそは良い年にしたいな。
そのためには自分の意識改革が大切ですね。

私もプレッシャーから解放され
少し気が楽になってきました。

怒りを抑えて穏やかな人間になろうと思います。
14年ぶりにサラリーマンに戻りつつ
存続させる会社の事業も行い
さらにはアルバイトも

楽ではないですが、自分の失敗にケリをつけるべく
精一杯頑張ろうと思います。



ランキングに参加しています。
応援のポチっをお願いします。 <(_ _)>







posted by 悩める社長 at 16:22 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて、涙が出てきました。
社長と奥さまが、ゆっくり腹をわって、お互いの思いを話すことができたのですね。

2015年はよい年になります、きっとね。
きっと、いままでできていた溝は埋められます。
社長に幸おおからんことを!!
Posted by ララ at 2014年12月28日 16:36
社長さんにとって2015年は本当に勝負の年になりそうですね。

サラリーマンして、バイトして、自分のビジネス続けて、家族との関係修復・・・・・。

どれも良い方向に向かう事を祈っております。

ちなみに、僕も2015年は勝負の年と位置付けました。
前に行ってた大学受験ですが、負け戦決定なので
焦点は再来年にする事が決まってますが、僕自身も来年は必死で働いて借金を返します。

ここまで働く事にプラスになれたのは、紛れも無く社長さんのおかげです。

本当に社長さんのブログに会えた事に感謝です。

社長さんの人生が成功する事を切に願っております。
Posted by jeni at 2014年12月28日 17:36
今まで思っていながらあえて書かなかった事があります。
「社長さんは家族と過ごす時間が足りない」
大黒柱である以上お金を稼いで家族を養う事は大切ですが、人間はATMではありません。仕事に没頭すれば家庭がおろそかになる。お金も重要ですが、家庭が離散してしまっては元も子もありません。
災い転じて福となすとでもいうんでしょうか、今の社長さんはそのきっかけを掴めた気がします。
横にいるだけでいいですので、家族と一緒に過ごす時間をできるだけ作ってみてください。
できれば奥さんやお子さんたちの話を聞いてあげてください。
奥さんたちもきっと色々社長さんに話すうちにわだかまりが解けていくと思います。
借金返済と家庭修復、共にがんばってください。

…まぁ独身者が人様の家庭修復に口挟むのもおこがましいんですが(^_^;
Posted by koba at 2014年12月29日 08:30
奥様と話し合いが出来て良かったですね。
「会話」家族にとって一番大切です。話せば相手の気持ちがよくわかりますよね。
私はきっと素直に夫の話を聞いてあげられなかったんでしょうね・・・一番の味方になってあげないといけなかったのに。
社長さん、修復するには別居はダメです。
別居して相手の大切さを感じることもあると思いますが別居→離婚のケースも多いです。
そういう我が家は別居して7ヶ月、来年はきっと離婚でしょう。
年末年始は、ご家族との時間を大切に過ごしてくださいね。
来年はきっと仕事も家庭もうまくいきますよ〜(^^) 応援してます。
Posted by トモ at 2014年12月29日 10:21
ララさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
涙までして頂き・・・
時間が無いのでゆっくり話したわけではないのですが、
連絡以外まったく口を聞かなかったのが、
少し話すようになりました。
ボタンの掛け違いがずっと尾を引くんですよね。
『あの時、こう思ってた』とか聞くと心に響きます。
かろうじて細い糸一本で繋がっていたような夫婦関係、
これを紡いで太いロープにしていきたいと思っています。
Posted by 悩める社長 at 2014年12月29日 13:46
jeniさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
いつもエールを送って頂きテンションアップ、
自ずと頑張ちゃいますね。
お互いに来年は明るい未来の礎を築く年とし、
あせらず、じっくり、強固な礎を作りましょう!
たとえ負け戦でも試験には臨むんでしょ?
悔いの残らないように頑張ってくださいね!
Posted by 悩める社長 at 2014年12月29日 13:55
kobaさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
的確な見極めにいつも感心させられます。
はい、私は家族のATMとしての存在でした。
それが機能しなくなってしまったので
役立たず呼ばわりされても仕方ないんですけどね。
私自身は家族と過ごす時間を望んでいたのですが、
家族はそれを望んでくれません。
今さらって感じなんでしょうね。
家族(特に妻)と顔を合わせないのが円満の秘訣
と強がってはみたものの、寂しくて寂しくて。
来年、上の子は就職試験(教員採用試験を受験します)
下の子は大学入試
すでに家庭内には緊張感が漂いピリピリ感が半端ないです。
妻からは出来るだけ家にいないで欲しいと言われてますし・・・
ってワケでゆきおさんは居酒屋バイトを継続するのでありました^^;
Posted by 悩める社長 at 2014年12月29日 14:07
トモさん
いつもありがとうございます <(_ _)>
会話はするようになったのですが、話は聞いてもらってませんw
一方的に妻が話すのを聞いてるだけです。
時々スゴイ棘が飛んでくるのをかわしながら ^^;
今までは『うるさい』と遮っていたのを止めてみたんです。
そしたら妻の言い分も少し理解出来て・・・
男って夢を見る習性があり、言葉にするのが苦手なんだと考えています。
茨の道を切り拓いていかなければいけない。
話なんて聞いてもらわなくて良い、
ただただ応援して欲しい。
そう思っています。
そんな私の心に響いた事を過去記事にしてあります。
http://ngngng.seesaa.net/article/407643867.html
お時間のある時にでもご覧頂けたら嬉しいです。
Posted by 悩める社長 at 2014年12月29日 14:30
お疲れ様です。

>妻からは出来るだけ家にいないで欲しいと言われてますし
→妻が「実はわざと怒らそうとしてたんだ」

これの事ではないでしょうか?
もっと家にいてくれって事でしょう、きっと。;D

「与えよ、さらば与えられん」でしたっけ。
自分が求めるにはまず相手に与えなければ帰ってこないです。
話を聞いて欲しいと思ったら相手の話を聞くこと。

>今までは『うるさい』と遮っていたのを止めてみたんです。
これを実践する事で奥さんも本音を言うきっかけができたんだと思います。

まずは話を聞いてみましょう。
痛い棘が来ても
「実はわざと怒らそうとしてたんだ」
と思えば腹も立たないと思います。
相手が言うだけ言ってこれ以上言う事がなくなれば社長さんの話を聞いてくれると思います。
忍耐のいる作業ですが、円満解決にはお勧めです。
がんばってください。
Posted by koba at 2014年12月29日 14:46
残念ながら「出来るだけ家にいないで欲しい」は本心です。
受験生以上に妻がピリピリ感出してまして・・・
この時期の環境の変化には戸惑いがあるんだと思います。
「亭主元気で留守が良い」ってCMがありましたが、実際そんなもんです。
出来る範囲で関係修復して行きますので暖かく見守ってくださいね。
Posted by 悩める社長 at 2014年12月29日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。