2015年01月07日

衝撃の事実

すでにお知らせしていましたように
今週初めより会社勤めを始めました。

昼はサラリーマン
夜は居酒屋バイト
帰宅後に社長

3足のわらじは正直キツイ
この件につきましてはまた後日。

前回記事にも書いたように、30日のバイト終了後
スタッフで飲みに行きました。
残念ながら社長は不参加でしたが。

『お疲れ様!』の意味が多分にありましたが
僕には参加した理由がもう一つ。
板長から社長の人となりを聞き出したかったのです。

社長は今回が居酒屋4回目だということですが
ってことは過去3回失敗したってこと???

板長は以前も社長の店で働いていたということで
そこらへんの事情には詳しいはずですが
仕事中にそんな話をするわけにもいかず、
仕事が終わったら終電に間に合うように
急いで帰るので話を聞けずにいたのです。

絶好のチャンスです ^^;
とはいっても多くのアルバイトがいる前で
そんな話は出来ません。
楽しく飲みつつ、
板長が饒舌になるのを待ちます。
頃合いを見計らって一次会を終了。

板長を誘ってもう1件
そこで聞き出した衝撃の事実。

今の店は社長の名義ではありません。

社長の親族名義なんだそうです。
どうりでデカイ顔してノコノコ来るわけだ。

過去3度、居酒屋の経営に失敗し、
他にもキャバレーやらナイトクラブやら
喫茶店の経営にも失敗してるそうです。

ビルオーナーだったのも過去の話で
前回の失敗時に自己破産に追い込まれ
今は人手に渡ってしまっているとのこと。

てっきり金持ちの道楽で
経営しているのだと思いましたが
ぜんぜん違うことが判明しました。

派手好きで、見栄っ張りで、喜怒哀楽が激しい
そうそう上手く行きませんわな。

もっと広告しましょうと提案しても
乗ってこない、
時に不機嫌になる理由がわかりました。

でっ、この板長
前回の店が潰れて解雇となったそうです。

社長は板長に全幅の信頼を置いているようですが、
さすがに倒産・解雇した板長を再度誘えなかったのでしょうか
今回のオープンに際して板前を一般公募

採用が決まっていた板前がオープン直前にトンズラ
社長、大パニック
そこで板長に泣きついたようです。

上場会社の居酒屋チェーンに勤めていた板長、
はじめは有給を使って手伝いに来てくれていましたが
やがて転職の道を選びます。

上場会社 → 自分を解雇した社長の元への転職
通常あり得ない転職ですが
一体そこにはどんな思いが・・・

次回へ続きます


ランキングに参加しています。
応援のポチっをお願いします。 <(_ _)>




posted by 悩める社長 at 13:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | アルバイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。